Loading…

セーヌ池。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 18.2017 修行。 4 comments 0 trackback
らせーぬ

今日もセーヌは流れる。
私はひとり河岸でギターなどをつま弾く。
あぁ、ジョセフィーヌ。



ま、ため池なんだけどね!。゚(゚´ω`゚)゚。
でもちょっとサモアっぽいよね。
もういいじゃん、サモアって事で(笑)。

うめ

今日からアルタミラさんは畦地梅太郎印が入りました(笑)。
そんなどうでもいいセーヌ池のひととき。


だから練習しろって!・・・・。

「上手い人達」と「ほぼアマな人達」を考えてみる。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 15.2017 その他。 4 comments 0 trackback


先ずはこれを見て欲しい。
私はこの動画を観て「あぁなんてオレは下手なんだろう。こんな女性ですらこんな素敵な演奏をしてるのに・・・」と、正直凹んだ。
でもそれ以上にこの彼女に対しての興味を抱いた。いやね、決してイヤらしい意味じゃなくて(^^;)。
ちゃんと弾くべき所にしっかりと弾いてる。それ今の私にも出来るのか?と考えたらまったくもって頭を垂れてしまう。。。。


「ちゃんとするトコはチャンとやろうよ!」って言われた気がした。
なんだよね!、そうなんだよ。早弾き云々以前にそうなんだよ。フレーズが作れてない、任されたパートで物語ってない。
てかそれ以前の問題なんだけどさ!(笑)。

で、改めてじっくり勉強させてもらった。
で、心に残った感想は




「鎖骨にあるホクロ、すっげェセクシ~♡」。





私はもうこのジャンルを真面目に語るのを止めた方がいいのかもしんない。゚(゚´ω`゚)゚。・・・・。
でも素敵な演奏です。邪念無しで学びたい。

ジャンゴ本。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 10.2017 小物とか。 4 comments 0 trackback
どろーね本

山本大暉 さんから勧められたシャルル・ドローネ著のジャンゴ本。
持ってたマイケル・ドレーニ本と重複する部分が8割な感はあるけど、これはこれで当事者達の生の声を感じられて凄く良かった。
マヌーシュの価値観や暮らし、そして大戦時のフランスをはじめヨーロッパの音楽シーンや実際の街中の息吹が感じられて非常に歴史的な意味でも重厚で追体験を容易、とまでは言わないが、ほんの少しでも「その時の空気」を体験させてもらえた。

・・・半日で読んじまったのが勿体ねぇ・・・。


でもまた何度も読むと思います。ガッツリとね。
それと同時に書籍案内のダイレクトメールで注文してた2冊も同時に到着。もっと欲しい本がテンコ盛りだけど、今回は予算の関係でこの2冊。次回はもっと歴史的アカデミックな専門書を手に入れたい。



本って、高いよね(^^;)。。。

病院帰りに。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 08.2017 修行。 6 comments 0 trackback
海津見神社にて

今日は定例の通院。

診察を終えて帰宅途中に少し弾く。風はあるけどやっぱ低地は暑い。。。やる気も起きない(^^;)。
ダラダラと弾いて早々に退散。蝉時雨が晩夏を思わせちょっと切ない。相変わらずな演奏もやっぱ切ない。


夏って、切ないよね(笑)。

毎度毎度凹む。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 03.2017 修行。 4 comments 0 trackback
中山池公園

毎度毎度、「なんで俺はこんなにヘタクソなんだ・・・」と凹む。
Manouche Jazzらしいフレーズが弾けない(ま、そりゃそうだわな。コピーする事が苦手なんだから)。
速いフレーズもダメ。ミスタッチ多い。雑音出まくり・・・。


ま、それでも本人は楽しくやってるから「趣味」としてはそれでいいか!(笑)。
そんなんだからレベルは上がらねぇんだけどさ(;´∀`)。


ま、それでいい。
私はそんなのでいい。そんなとこでいい。


それでいいのか?(笑)。
否!。それでいい。
 HOME 

プロフィール

沈さん@ForestSwing

Author:沈さん@ForestSwing
Manouche Swingが好きです。
Gypsy・Jazz、Gypsy・Swingに寄り添う暮らしを森の国にて送っています。技術的な伸びしろはもう多分ありません。酒好きです。でも最近すぐ寝ます。困ったもんです。



最近のトラックバック

カレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム