Loading…

弥生の夜は優しく過ぎて。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 14.2015 その他。 4 comments 0 trackback
3月の夜

毎年の喧騒時期はようやく過ぎたが、相変わらずの不規則な毎日にちょっと辟易。
でもそれでも今年もなんとか小さな楽しみをそこかしこに挟み込みながら過ごしてます。そんな「時折の煌き」があるから生きていけるのよアナタ。とまぁそんな感じの3月。

Gypsy Jazzに関して、特にギターの技術に関しては相変わらず「ど!」が付くほどヘタクソだけど、それでも自分自身はとても楽しくいつも我が周囲に漂うという感じで纏って楽しんでます。愛用のギター2本、Manouche Latcho DromとCigano GJ-15も共に偏る事無く触れてます。共に素晴らしいギターです。弾き手が悪いだけで(笑)。

これからようやく春らしい天候になってきそうなので、時間の許す限りギターに触れて癒してもらいたいと、どっちが主人かワカンナイような想いを抱いてます。それと共にこちらもヘタレなカメラ趣味と自転車趣味も同時進行で楽しんでいきたいなと、自由な時間が少ない割には欲張りな事を思ってます。

しかしあれだよなー、新しいモノを求めずに懐古的な方向に全てが向っているなー。自転車も結局クロモリ・ロードに落ち着いたしカメラもマニュアル志向になっちまったし、音楽のジャンルも戦前・戦中・戦後あたりが好みの範囲になってるし。
思い返せば自動車もどっちかっていうとオールドなのが好きだもんなぁ。といいながら最近はBABY・METALに嵌ったりもしてますが(笑)。

そんな感じの3月です。

 HOME 

プロフィール

沈さん@ForestSwing

Author:沈さん@ForestSwing
Manouche Swingが好きです。
Gypsy・Jazz、Gypsy・Swingに寄り添う暮らしを森の国にて送っています。技術的な伸びしろはもう多分ありません。酒好きです。でも最近すぐ寝ます。困ったもんです。



最近のトラックバック

カレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム