Loading…

Bei Dir War Es Immer So Schön

Posted by 沈さん@ForestSwing on 27.2013 その他。 7 comments 0 trackback
Bei Dir War Es Immer So Schön」という曲。もう大好きで大好きで
元々は1950年代のドイツの映画の主題歌らしいのですが(いまひとつ詳細が不明)Gypsy Jazzプレイヤーも数多く演奏しているこの曲、私はそもそもはJimmy RosenbergさんとAndreas Öbergの共演の動画で「この曲、いい曲だなぁ~」と認知したのですがBiréli Lagrèneバージョンで尚更ハマり、そこでようやくこの曲ジャンゴもやってるって事に気付き(^_^;)、そこからまたこの曲にぞっこんになりました。どんな曲かっていうと




ビレリ・バージョンですが、う~ん美しくも切なく優しい。。。ホレボレ・・。
流石のビレリという感じです。で、個人的に一番好きなアドリブが聴けるのがこちら↓。



Django Reinhardt NY Festivalでの演奏です。プレイヤーはstocheloか jimmyかだと思いますが、なんかジミーちゃんっぽいですよね、この弾き方。どちらにしろ、なんてロマンチック!。テーマにしっかり沿ったアドリブ、まだに名人芸というか天才的というか、原曲を相当好きでないと弾けないと思います。というかそう思いたいですね。でその原曲は↓。



ドイツ語の巻き舌も心地良い(笑)、そんな感じですがとても良い雰囲気の歌声ですよね~。この歌が主題歌の映画観てみたいですね~。


で、今さらだけど、このブログのカウンターが消滅しているのに気付きました(笑)。面倒なので復旧も新設もしませんが、別にそれでもいいですよね?。何の問題もないし



 HOME 

プロフィール

沈さん@ForestSwing

Author:沈さん@ForestSwing
Manouche Swingが好きです。
Gypsy・Jazz、Gypsy・Swingに寄り添う暮らしを森の国にて送っています。技術的な伸びしろはもう多分ありません。酒好きです。でも最近すぐ寝ます。困ったもんです。



最近のトラックバック

カレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム