Loading…

ひとり演奏

Posted by 沈さん@ForestSwing on 22.2016 小物とか。 2 comments 0 trackback
are1


暫く休みの無い、そんな状況下。

肉体的疲労はそれほど無いけど精神的に何かと疲れるし溜まった疲れが抜けない。
そんな今日この頃。


そんな中、現実逃避気味に「もし一人で何かしらの場所で演奏する機会があれば」というテーマで楽曲や機材を見直してる。とりあえずアンプはVOX.AGA30を使うのを前提としてギターのピエゾマイクの音はイマイチなので(ブレンドする時には有効だけど)生音をそのままマイクで拾いアンプへ、そしてアンプのAUX端子にMP3 プレイヤーを繋ぎリズムギターを再生、そして演奏というオーソドックスな手段での構成。


現在手元に無かったブームマイクスタンドと、そして録音にも良さそうなコンデンサーマイクのベリンガーc-1をそれぞれヤフオクとAmazonで手配。低予算の哀しさだが、とにかくこの機材で「ひとりステージ」の可能性を探ってみたいと思う。



そんな機会があるかどうかはともかく、そんな事を考えてゴソゴソしてるのは何よりの気分転換になる(笑)。

OKKA Original Picks

Posted by 沈さん@ForestSwing on 27.2016 小物とか。 2 comments 0 trackback
piku

OKKA Original Picksの所感。

現在2㎜の白と黒、3㎜の黒を入手して弾き比べてみたところ、
個人的には白の方が滑りが良くて使い易い。黒はその材質のせいか弦と触れ合うと「ザラザラ」感があり滑らかに流れない。
故に逆に黒はリズムを弾いてる時はそのザラザラ感がいい感じになってこちらは2㎜3㎜ともにリズム用に使いたい。
白はオールマイティ。単音も弾きやすいしリズムも弾き易い。どれか一つ!というなら断然白。在庫が無かったので白の3㎜は手元にないが保持の拙い私には3㎜は使い易くて助かるので是非入手しておきたい。

上記、あくまでヘタレな私の所感なので皆さま手に入れて是非試して下さい。特筆すべきはそのグリップ!。
シリコンが指に吸付くので保持が弱い私でも楽!(^-^)。これはもうホント気持ちいい。Guzz の数倍いいですよ!。


それとstringphonicが満を持して(笑)発売した小物のトートバッグ。このデザインだもの!、買うでしょう(笑)!。
ランチトートは特に使い易くお気に入り。こんなイカシタ小物をもっと作って欲しい!(^-^)。

って感じの所感でした。
為にならねぇよな私の文章では(笑)。

J-Paul Pagnonさんの絵

Posted by 沈さん@ForestSwing on 10.2015 小物とか。 4 comments 0 trackback
がく


FacebookでオトモダチになっているJ-Paul Pagnonさんの絵をプリントアウト。
それを使い道のなかった色紙用額縁にStringphonic謹製ピックと一緒にレイアウト。
とってもいい感じになった。


こんな小賢しい事も大好きです(笑)。

いす。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 30.2015 小物とか。 4 comments 0 trackback
いす

新しい木製チェア導入。

前回買った肘掛が無いアウトドア用チェア、肘掛が無いのはいいんだけど、結構深く座り込むデザインなので結局ギターを抱えての着座には無理があった。で今回のこのタイプの椅子。要は一般的なパイプ椅子の木製バージョンなんだけど、木製っていう部分が大事!。私みたいな「気分」を楽しむ者にとっては如何に「サモアのジャンゴ・フェスっぽい気分になる雰囲気」が肝。って事でこいつを1.000円で購入(笑)。これでギター遊び用チェアの迷走からは開放されたなと思います(^^)。こういう「ギターに関係ない小物」で総体的に気分を盛り上げるという行為も大好き!(笑)。


早くこれを持って気分のいい五月の野外に行きたい!。
あ、そうだ、最近出番のないエッフェル塔も持っていこうっと。

TASCAM Digital Pocketstudio DP-004

Posted by 沈さん@ForestSwing on 18.2013 小物とか。 4 comments 0 trackback
TASCAM Digital Pocketstudio DP-004

先代のBossMicroBRを手放して数年。やはり4トラックあたりで遊べるMTRが欲しくなり数段機能の落ちる(笑)こいつを中古で入手。機能的にはBossMicroBRより劣るが私が使う分には何の問題も無い。逆に多機能過ぎたBossMicroBRより使い易いと思う。


で早速今日の午前中「Artillerie Lourde」またの名を「Heavy Artillery」のリズムを録ってテーマ・アドリブを録って冷静に聴いてみた。



・・・凹んだ・・・



弾いてる最中には解らないヘタクソ加減がリアルに再生され、そしてミスや誤魔化しもしっかり再生。うんさすがMTR♪。聴いてると思いっきり凹んでくるがそうする事で自分のミスや誤魔化しを哀しいほど認識する。録音するというプレッシャーが有る意味良い加減で緊張感を生み出して普通にダラダラやるよりはよほどしっかりと弾こうとする意識が生まれ、練習としても効果的だと思う。アドリブの構成やその他「音楽」としてちゃんと聞けるかどうかというのも客観的に反省出来るので「M」的な練習方法としてはやはりこれはアリだなと。

という事でMTRが練習道具(遊び道具)として再び加わった、そんな今日の月イチ恒例の病院で2時間半も待たされたワタクシなのでした。
 HOME 

プロフィール

沈さん@ForestSwing

Author:沈さん@ForestSwing
Manouche Swingが好きです。
Gypsy・Jazz、Gypsy・Swingに寄り添う暮らしを森の国にて送っています。技術的な伸びしろはもう多分ありません。酒好きです。でも最近すぐ寝ます。困ったもんです。



最近のトラックバック

カレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム