Loading…

火の鳥さん。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 16.2017 Guitar。 4 comments 0 trackback
ずーっと「これ欲しいんだけどなぁ・・」だったファイヤーバードを入手。
ずーっとエクスプローラーかファイヤーバードが欲しかったんだけど、「いい年こいてエクスプローラーはなぁ・・・」って思ってたけど、ファイヤーバードならいいか!って事で頑張った(笑)。これで多分ソリッドボディのギターはおしまい。もうこれでいいもん。


って事で今日標高1.000以上の高地で(^^;)弾いて来た。
「なんで山なんだ!」という問題は置いといて、FBならやっぱblues練習しなきゃ!って事で相棒に「bluesはチョーキング!」、そして今日お友達のナルさんに「bluesは間!」という金言を頂戴して頑張ってペンタしてきた。




久々のペンタ(笑)。なんかギコチナイ。。。
でヘタクソなりに地味に練習してたら調子こいてきて終いには立って山に向かって悦に入ってた。
ホント幸せでした(笑)。


って事でTokai ・FB53、パーソナルネーム(七五さん)、昨日より仲間入りです。

ヒェエエエエエエエェ・・・・・(;´Д`)

Posted by 沈さん@ForestSwing on 13.2017 Guitar。 2 comments 0 trackback
受難

2日ほど留守にしてた間に・・・。


もちろん弦はベロンベロンに弛めて、そして他のギター同様室温変化の少ない場所に置いておいたにも関わらず・・・。
我が愛しきGodin 5th AvenueことASUKAちゃんはこんな哀しい姿になっちまいました。。。
で速攻で輸入元に修理等の問合せメールを送ったのだが、3日経っても返信無し。。。もうこれは自分で治すか・・と思ったけど、やっぱりちゃんとしたリペアをしてあげたいので毎度お世話になりますなStringphonicさんにメッセージを送ったら上海出張中にも関わらず速攻で返信をいただく。そして凡その修理金額も目安として教えていただく。



見習え!
JES International,Inc!。プンスコo(`ω´*)oプンスコ。



という事で時間が出来次第速攻でストフォニさんに発送して診ていただき余程の金額じゃなければそのまま修理してもらう事とする。このGodin 5th Avenueは色々と思い入れがあるし、何より楽器自体も好きなので何としても復活させて添い遂げたい。


でやっぱ、信頼できるショップって、本当にありがてぇなぁ・・というお話でした(^-^)。



だから見習え!
JES International,Inc!。プリ(*`З´*)プリ

Altamira M01F Antiqueさん。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 21.2017 Guitar。 4 comments 0 trackback
あるたみらさん


いや実際こんな事してる場合じゃないんだが、やっちまったもんはしょうがない。
てな訳で新しい彼女登場!(笑)。お名前はAltamira M01F Antique。で、愛機となったギターにはかならずパーソナルネームを付けるんだが、こいつには「Anna」と命名。

という事で、実際こんな事してる場合じゃない時期なんだが、まぁ休みなので大野ヶ原のブナ原生林を歩いて、そして正面に源氏ヶ駄馬と一夜ヶ森を見ながら昨日来たばかりのAnnaさんを弾き倒す。

おおのがはら

ロケーションはこんな感じ。遠くに牛さんたちがたむろしてる。「オマエラ今から騒音出すけど襲うなよ!」と大声で叫んでからの練習。
久々に「アンナのためのノート」というオリジナルを弾く。


‥すっかり忘れてる(;´∀`)・・


でもまぁAltamira M01F Antiqueでの一発目記念に晒しておきます。
で、Altamira M01F Antique、これ、すっげぇ良い!。今回はギターショップ・タンタンさんでお世話になったこのギター、ボディの塗装が薄いからかリバーブ感がハンパない。弾いてて気持ちいい。これは良いギターですよ!。


って事で参考には絶対ならない、しかも自身で作った曲なのに間違えてる動画を上げておきます。
毎度毎度の個人的反省材料として(-_-;)。。。。



ギター。

Posted by 沈さん@ForestSwing on 15.2017 Guitar。 4 comments 0 trackback
ぎたぁ

今、手元にあるギターで、私はもう多分これ以上手に入れる、手に入れたいギターはない。

12フレジョイントのCigano GJ-15。14ジョイントのオーバルのManouche Latcho Drom、そしてDホールでこいつを欲しい!という想いで手に入れた14フレのStringphonic Original Advanced Model 14F D Hole。
それと思い入れのあるGodin 5th Avenueとあんまり思い入れの無い(笑)AXL GUITARS / AL-820-BRっていう安物レスポールモドキがあるので、それでもう十分。



…でもあれだよね、人って欲深き存在だよね…。



Fホール欲しいな、なんて思っている自分に蹴り入れたい、そんな夜(笑)。

Godin 5th Avenueエレキテル化

Posted by 沈さん@ForestSwing on 11.2016 Guitar。 2 comments 0 trackback
エレキテル化


色んな方にご意見を頂いたGodin 5th Avenueのエレキテル化。
この度無事にお色直しも終わり再び我が元に帰還致しました。

事の発端が相棒のフルアコに魅せられてからのこの顛末、いやはやホント我ながら知人友人愛人ポン友には本当に恵まれて早々にこんな事になってしまった事を改めて振り返ると「冥利」に尽きます。

今回このGodin 5th Avenueを手に入れてから、先ずもってこのギターの生の音に恋に落ち、そしてその弾き易さにも恋に落ち、持った感じにも恋に落ち、何かと恋に落ちてきた私ですが、やはり当初のフルアコ、エレキな音でもジャンゴっぽいのを弾きたいという念願からピックアップを装着する方向を模索し、その中でいろんな手段を考慮し、また先輩諸兄からご教授をいただいたいのですが、最終的には毎度ありがとうございますStringphonicさんに最良の手段を提示していただき、その方向で進めて参りました。

で、その結果がこれ!(^^♪。

ピックアップはDeArmond #1100。美しい。。。そしてピックガードに取り付けられたボリューム・トーンのノブも1950年代のビンテージなベークライト製ツマミを付けていただき、ガードとの違和感も皆無。回す時のトルク感も良好。本当に良い仕事をして頂きました。


さ~て、これからもっといろんな引き出しを増やしていって、こいつとも楽しい毎日を送りたい。
問題はその引き出しを増やすという作業に弾き手が応えられるかどうかってトコなのは、これはいつもの泣き言なのでそれはそれでまぁアレかなぁ~ってな事でお許し下さい。
 HOME 

プロフィール

沈さん@ForestSwing

Author:沈さん@ForestSwing
Manouche Swingが好きです。
Gypsy・Jazz、Gypsy・Swingに寄り添う暮らしを森の国にて送っています。技術的な伸びしろはもう多分ありません。酒好きです。でも最近すぐ寝ます。困ったもんです。



最近のトラックバック

カレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム